不動産で収益を得ると言う側面です

不動産には、収益を得ると言う側面があります。
それが現代社会で言うところの賃貸業と言う事になります。
つまりはアパートやマンションの賃貸です。
私たちは自分の家を持っている持ち家があると同時に、他人から借りている家があると言うのもある訳です。
持ち家とは異なり、狭いスペースですがひとりやふたりで生活するには丁度良い広さの部屋と言うのがアパートです。
そして他にはマンションです。
大きなビルの中にある、アパートとは別に、中は広く、充分なスペースがある建物です。
そしてこのアパートやマンションには賃貸物件と言う別の名前もあります。
つまりはその物件の所有者から借りていると言うのが賃貸物件のアパートとマンションと言う事になります。
その借りている部屋の値段と言うのが所謂賃貸料、家賃と言う事になります。
毎月数万円から十数万、それ以上もあります。
その家賃で不動産収入と言うのが今の社会にはあると言う事です。
そしてこの方法は契約と言う形になっています。